イスラーム教「異端」と「正統」の思想史

菊地達也 著

「最終預言者」ムハンマド亡き後、「信仰」の正しさは誰が決めるのか。あくまで信仰の純正性を追究する「極端派」、生活との「妥協」を計るその他の多数派。イスラーム教は両者の対立・抗争のダイナミズムから誕生した。イスラーム教形成のプロセスを根源から考察し、ムハンマドが創始した新たなる宗教がスンナ派、シーア派に分かれ、われわれの知る「イスラーム教」になるプロセスを読み直す、スリリングな思想史の登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理想の信仰共同体と「分派」の出現
  • 第2章 「異端」と「正統」
  • 第3章 「宗教宗派」シーア派の成立
  • 第4章 イマーム派と極端派
  • 第5章 イスラーム教のメシア思想
  • 第6章 裏切られた革命
  • 第7章 十二イマーム派とイスマーイール派の台頭
  • 第8章 シーア派とスンナ派の対峙
  • 第9章 イスラーム教教義の限界に向かって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラーム教「異端」と「正統」の思想史
著作者等 菊地 達也
書名ヨミ イスラームキョウ イタン ト セイトウ ノ シソウシ
シリーズ名 講談社選書メチエ 446
出版元 講談社
刊行年月 2009.8
ページ数 266p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258446-3
NCID BA9095301X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21642942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想