深谷克己近世史論集  第2巻 (偃武の政治文化)

深谷克己 著 ; 青木美智男 ほか編

[目次]

  • 1部 法規範を形成する諸要素(近世における誓詞慣行と神君創造
  • 東アジアにおける「政治の文明化」と近世日本)
  • 2部 要請される明君像(近世政治と百姓目安
  • 明君創造と藩屏国家
  • 近世における教諭支配
  • 池田光政の家臣統制と明君像
  • 預治支配と明君の自恃
  • 明君とはなにか)
  • 3部 民政の拡充(岡山藩綱政期の大名と藩政
  • 民政官僚への在廻令)
  • 4部 近世的統治の閉塞(公儀恩頼感を弱める社会
  • 律儀百姓八右衛門の政道批判)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 深谷克己近世史論集
著作者等 深谷 克己
青木 美智男
書名ヨミ フカヤ カツミ キンセイシ ロンシュウ
書名別名 偃武の政治文化
巻冊次 第2巻 (偃武の政治文化)
出版元 校倉書房
刊行年月 2009.7
ページ数 405p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-7517-4110-8
NCID BA90944325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21643368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想