チャールズ・ダーウィンの生涯

松永俊男 著

ダーウィンの生涯は、イギリス・ヴィクトリア時代のジェントルマン(上層中流階級)の生活そのものだった。医師で資本家の父ロバートの下、ケンブリッジでジェントルマンとしての教養教育を受け、国教会の牧師になるつもりだったが、海軍の調査船ビーグル号に艦長の話し相手として乗船することになり、その機会に取り組んだ自然史研究によって、その一生は大きく変わる。帰国後のロンドンでの科学者仲間との交流から、進化論への歩みが始まる。ウェジウッド家のエマとの結婚や、その後の生活と研究は、裕福な資産に支えられていた。ヴィクトリア朝の世界帝国イギリス、その繁栄を担ったジェントルマン層、その一員だったダーウィンが、その時期に、その場所で進化論を生み出したのはなぜか。近年、進展著しいダーウィン研究の成果を織りこんで描くダーウィンとその時代。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ダーウィンはなぜ、ビーグル号に乗船できたのか
  • 二人の偉大な祖父
  • シュルズベリーの名医
  • エジンバラ医学校
  • ケンブリッジ大学
  • ビーグル号航海
  • ビーグル号航海の地質学
  • 独身時代のロンドン生活
  • 進化論への道
  • エマとの結婚
  • ダウン・ハウスの生活
  • 大著『自然選択』
  • 『種の起源』
  • 『飼育栽培のもとでの変異』と『人間の由来』
  • 植物の研究
  • 晩年
  • ダーウィンは何を成しとげたのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チャールズ・ダーウィンの生涯
著作者等 松永 俊男
書名ヨミ チャールズ ダーウィン ノ ショウガイ : シンカロン オ ウンダ ジェントルマン ノ シャカイ
書名別名 進化論を生んだジェントルマンの社会
シリーズ名 朝日選書 857
出版元 朝日新聞
刊行年月 2009.8
ページ数 321, 10p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259957-5
NCID BA9093279X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21645380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想