サブプライムから世界恐慌へ : 新自由主義の終焉とこれからの世界

伊藤誠 著

サブプライム金融恐慌は、どうして世界恐慌へと拡大したのか?サブプライム問題の構造と金融システムの問題点、一九二九年大恐慌との比較、現在の世界恐慌は何を意味するのか、そして、これからの世界はどこに向かうのか…。恐慌論の第一人者による金融恐慌分析の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サブプライム金融恐慌とは?
  • 第2章 世界恐慌への拡大-二階から世界へ
  • 第3章 一〇〇年に一度の危機-一九二九年と二〇〇八年
  • 第4章 金融恐慌の政治経済学
  • 第5章 世界のゆくえ
  • おわりに 日本の経済社会の進路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サブプライムから世界恐慌へ : 新自由主義の終焉とこれからの世界
著作者等 伊藤 誠
書名ヨミ サブプライム カラ セカイ キョウコウ エ : シン ジユウ シュギ ノ シュウエン ト コレカラ ノ セカイ
出版元 青土社
刊行年月 2009.7
ページ数 188, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6499-0
NCID BA90926549
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21712242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想