国際課税の理論と実務  第1巻

本庄資, 川田剛 編 ; 日本税理士会連合会 監修

第1巻は、国際課税全般の知識、国内法と租税条約の関係、非永住者、海外赴任者や外国法人の問題等を体系的・総合的に解説。判例や裁決例の紹介により、実務上の取扱いにも対応。巻末付録として、我が国の締結した租税条約の概要、OECDモデル租税条約(和・英対照)を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論(国際課税の概要
  • 非居住者や外国法人に対する所得税課税取扱いの解決パターン
  • 国内法と租税条約の関係)
  • 第2章 非居住者・非永住者の課税(非居住者の課税
  • 非永住者の課税
  • 海外赴任者の課税)
  • 第3章 外国法人の課税(外国法人課税の概要
  • 外国法人特有の問題)
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際課税の理論と実務
著作者等 川田 剛
日本税理士会連合会
本庄 資
永峰 潤
書名ヨミ コクサイ カゼイ ノ リロン ト ジツム
書名別名 非居住者・非永住者課税
巻冊次 第1巻
出版元 税務経理協会
刊行年月 2009.7
版表示 改訂版.
ページ数 208p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-419-05239-3
NCID BA90922253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21644249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想