院政の日本人 : 双調平家物語ノート 2

橋本治 著

院政こそ、「男の歴史」の始まりだ。時代の転換点に必ず現れる院政を検証し、新しい歴史の広がりを縦横に描く「橋本史論」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 后の力
  • 蘇我氏の時代
  • 人のいる歴史
  • 男の歴史
  • 天皇の舅-摂関家
  • 家長と一族
  • 転換期としての院政の時代
  • 名門が滅びる構造
  • 父子対立への道
  • 破綻の前夜
  • 男をキレさせるシステム
  • 戦えない男達
  • おかしなおかしな平治の乱
  • 平氏政権への道
  • 鹿ヶ谷事件とその謎
  • 崩壊への道
  • 源氏と平氏は戦うが
  • 「木曾義仲」という謎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 院政の日本人 : 双調平家物語ノート 2
著作者等 橋本 治
書名ヨミ インセイ ノ ニホンジン : ソウジョウ ヘイケ モノガタリ ノート
出版元 講談社
刊行年月 2009.6
ページ数 437p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-214287-8
NCID BA90898396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21626505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想