統計学を学ぶための数学入門  下 (データ分析に活かす)

岡本安晴 著

本書は、人文・社会科学、理工学系分野において、データ分析のための効果的なツールとして統計学を活用できるように、その基礎となる数学を簡潔に解説した教科書である。データ分析に必須の行列(線形代数)から、数値解析のための微分積分、統計学の土台である確率論までを平易に説明する。一般逆行列、行列の分解、確率モデルによる分析法の解説も含んでおり、「統計学のための数学」の習得に最適な一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 行列の基礎概念
  • 2章 逆行列・一般逆行列
  • 3章 行列式
  • 4章 固有値と特異値
  • 5章 行列と線形写像
  • 6章 微分
  • 7章 ベクトル・行列関数の微分表記
  • 8章 積分
  • 9章 確率

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計学を学ぶための数学入門
著作者等 岡本 安晴
書名ヨミ トウケイガク オ マナブ タメノ スウガク ニュウモン
書名別名 データ分析に活かす
巻冊次 下 (データ分析に活かす)
出版元 培風館
刊行年月 2009.7
ページ数 167p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-563-01005-8
NCID BA90896062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21635380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想