『国富論』とイギリス急進主義

鈴木亮 著 ; 浜林正夫, 飯塚正朝 編

[目次]

  • 第1部 『国富論』研究-農業問題を中心として(アダム・スミスの時代と学問-『国富論』刊行200年によせて
  • スミスの利潤論に関する一考察
  • アダム・スミスの地代論にかんする覚書
  • 『国富論』における土地所有
  • アダム・スミスの土地所有論
  • ダニエル・デフォウの旅行記から見た18世紀初頭におけるヨークシャーの経済状態)
  • 第2部 イギリス急進主義(ジョン・ミラー『階級区分の起源』について-スミスの時代の「家族・私有財産・国家の起源」
  • ヨークシァ連合運動とクリストファ・ワイヴィル
  • 議会改革にかけた夢-トマス・ミュア
  • イギリス急進主義の運動と思想)
  • 第3部 ゴドウイン研究(ゴドウインにおける『政治的正義』の構造
  • ウイリアム・ゴドウインのイギリス革命観-その『イギリス共和制の歴史』を中心として
  • 日本のマルサス研究史における南亮三郎)
  • 第4部 経済学の成立と発展
  • 第5部 (18世紀末イギリスにおける資本主義批判の思想の成立-ジョン・セルウォールのばあい
  • クリストファ・ワイヴィルの社会改革運動とその思想
  • 経済理論史を中心とした機械可読編纂の技法の研究及びデータベースの作成-計量的学説史のための文献情報データベースの研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『国富論』とイギリス急進主義
著作者等 浜林 正夫
鈴木 亮
飯塚 正朝
書名ヨミ コクフロン ト イギリス キュウシン シュギ
シリーズ名 国富論
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2009.8
ページ数 454p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2014-2
NCID BA90895489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21653700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想