明治版画史

岩切信一郎 著

明治は、わが国伝統の板目木版、西欧の革新的な銅版・石版など、史上稀に見る多種多様な"版"の時代であった。双方はどう関係を切り結んできたのか。その変遷を豊富な図版でたどり、明治版画の実態を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 近代版画の起点をもとめて
  • 1 明治前期の版画-明治元年〜十五年(前期版画の概観
  • 江戸錦絵から明治錦絵へ
  • 新聞挿絵の印刷-木版と紙版鉛版
  • 石版画の時代-その移植と展開
  • 銅版画の幕末から明治-微塵銅版画から官の印刷へ
  • 前期の出版動向-和装本から洋装本へ)
  • 2 明治中期の版画-明治十六年〜三十年(中期版画の概観
  • 錦絵と石版画
  • 伝統木版の盛衰-衰退期の錦絵と『国華』式木版の出現
  • 木口木版の導入)
  • 3 明治後期の版画-明治三十一年〜四十五年(後期版画の概観
  • 木版口絵の隆盛
  • 創作版画黎明期
  • ニューメディアとしての版画
  • 日本版画の欧米への発信-青い眼の浮世絵師たち
  • 出版と版画)
  • エピローグ 大正版画に向けて-印刷の版画から創作の版画へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治版画史
著作者等 岩切 信一郎
書名ヨミ メイジ ハンガシ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.8
ページ数 378, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-07910-5
NCID BA90877239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21639459
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想