日本私有鉄道史研究 : 都市交通の発展とその構造

中西健一 著

[目次]

  • 日本鉄道史における所有関係-分析の基礎視点
  • 第1部 幹線交通手段としての私有鉄道-国有化以前(資本主義化と私有鉄道創設運動
  • 幹線交通手段としての私有鉄道の発展と確立-蓄積的視角を中心に
  • 鉄道国有への道と経済的必然性)
  • 第2部 都市交通手段としての私有鉄道-国有化以後(私有鉄道のメタモルフォーゼ-都市電気鉄道中心へ
  • 都市交通の近代化
  • 恐慌と陸運市場の構造的変動
  • 戦時国家独占資本主義と交通統制)
  • 第3部 私有鉄道における労働(明治期の電鉄労働
  • 大正期の電鉄労働)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本私有鉄道史研究 : 都市交通の発展とその構造
著作者等 中西 健一
書名ヨミ ニホン シユウ テツドウシ ケンキュウ
書名別名 Nihon shiyu tetsudoshi kenkyu
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1979.5
版表示 増補版.
ページ数 601, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05510-4
NCID BA9085942X
BN02136880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79019496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想