NSC国家安全保障会議 : 危機管理・安保政策統合メカニズムの比較研究

松田康博 編著

情報の共有・危機管理・政策企画調整の3点の機能を備え、一元的な対応を迅速に行なうことが求められる総合的な安全保障機構としての姿を、アメリカをはじめ、ロシア、中国、英国、韓国、台湾、シンガポール、日本で検証。それぞれの政策制度との関連で特徴を明らかにするとともに、わが国における安全保障機構のあるべき方向性を示唆する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 NSCが注目されるのはなぜか
  • 第1章 米国-国家安全保障会議(NSC)
  • 第2章 韓国-国家安全保障会議
  • 第3章 台湾-国家安全会議
  • 第4章 ロシア連邦-安全保障会議
  • 第5章 中国-中央政治局と中央軍事委員会
  • 第6章 シンガポール-国家安全保障政策形成機構
  • 第7章 英国-内閣委員会と内閣官房
  • 第7章 補論 英国ブレア政権の国家安全保障政策決定過程
  • 第8章 日本-安全保障会議と内閣官房
  • 終章 課題・機能・制度・運用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NSC国家安全保障会議 : 危機管理・安保政策統合メカニズムの比較研究
著作者等 松田 康博
書名ヨミ NSC コッカ アンゼン ホショウ カイギ : キキ カンリ アンポ セイサク トウゴウ メカニズム ノ ヒカク ケンキュウ
出版元 彩流社
刊行年月 2009.7
ページ数 352, 40p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-1346-8
NCID BA90827547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21635187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想