ドキュメンタリー映画の地平 : 世界を批判的に受けとめるために

佐藤真 著

ドキュメンタリーは現実を撮る。たとえ、その現実がいかにフィクショナルなものを内包していようと、メディアのリアリティと現実のリアルの関係が逆転していようと、現実を撮る。しかも、その現実を、単に映画として再現するだけではなく、何らかの形で批判したり批評しようとする。つまり、何らかの悪意をもって、現実を撮るのである。"自明の事柄"にまとわりつく意味の文脈や常識という"砦"を解体しようとした故佐藤真監督の映像表現論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ドキュメンタリーは映像表現による現実批判である
  • 第1章 暮らしながら撮る
  • 第2章 言葉と別の意味を生む映像
  • 第3章 他者の眼差しと撮られる側の戸惑い
  • 第4章 私的小宇宙の広がり
  • 第5章 観察者-言葉からの解放
  • 第6章 挑発者-暴力装置としてのキャメラ
  • 第7章 時代の無意識-メディアの読みかえ
  • 第8章 イメージの収奪-"見る"ことの権力構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドキュメンタリー映画の地平 : 世界を批判的に受けとめるために
著作者等 佐藤 真
書名ヨミ ドキュメンタリー エイガ ノ チヘイ : セカイ オ ヒハンテキ ニ ウケトメル タメニ
書名別名 Dokyumentari eiga no chihei
出版元 凱風社
刊行年月 2009.6
版表示 愛蔵版.
ページ数 725p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7736-3313-9
NCID BA90826282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21620999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想