岩波講座哲学  15 (変貌する哲学)

飯田隆 ほか編

時間と空間を超えて変貌し続ける哲学することの意味と、思考の制度・自然主義・ジェンダー・メディアの革命など多様な光源から、未知の地平を照らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 哲学への/からの挑戦(哲学のプラクティス
  • アジアからの問題提起-中国医学をめぐって
  • 哲学とジェンダー
  • 自然主義からの"挑戦"
  • 自然主義の限界と哲学の役割(認識論の観点から))
  • 2 哲学のコンテクスト(「東洋思想」の発見
  • 翻訳というフィルター
  • 制度としての哲学教育
  • 情報とメディアの中の哲学
  • 哲学とその境界-応用倫理学の根源性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座哲学
著作者等 飯田 隆
鷲田 清一
中岡 成文
中畑 正志
井上 達夫
川本 隆史
末木 文美士
村田 純一
清水 哲郎
熊野 純彦
篠原 資明
野家 啓一
伊藤 邦武
書名ヨミ イワナミ コウザ テツガク
書名別名 変貌する哲学

Iwanami koza tetsugaku
巻冊次 15 (変貌する哲学)
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.7
ページ数 293p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-00-011275-8
NCID BA90809002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21643376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想