越境するポピュラーカルチャー

谷川建司, 王向華, 呉咏梅 編著

東アジアという空間的な枠組みを設定したとき、ポピュラーカルチャーはジオグラフィックなそれぞれの共同体のなかでどのように受容されて変質し、記号化され共有されているのだろうか-。音楽・マンガ・テレビドラマなどのコンテンツに象徴される文化やそれを通して共有できる価値観が国家の枠組みを通り抜けてさまざまな形で「流用」され楽しまれている各国の実態を描き出す。韓国・台湾・中国では日本のポピュラーカルチャーをどう受け止めて刷新してきたのか、を丁寧に分析した論考集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 李香蘭神話の再生産と持続性
  • 第2章 失われた声を探って-軍事政権期における韓国の純情漫画作家たちの抵抗と権利付与
  • 第3章 日劇のように優雅に、韓劇のように温かく-中国における日本と韓国テレビドラマの受容
  • 第4章 滝沢秀明の香港人ファンに関する人類学的研究
  • 第5章 韓国大衆音楽に及んだ日本の影響-一九四五年以前と以後の差
  • 第6章 台湾におけるカバー曲の変容
  • 第7章 日本のドラマと香港の社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境するポピュラーカルチャー
著作者等 呉 咏梅
王 向華
谷川 建司
書名ヨミ エッキョウスル ポピュラー カルチャー : リ コウラン カラ タッキー マデ
書名別名 リコウランからタッキーまで
シリーズ名 青弓社ライブラリー 57
出版元 青弓社
刊行年月 2009.7
ページ数 256p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3299-1
NCID BA90805329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21628304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想