日本戦没学生の思想 : 〈わだつみのこえ〉を聴く

岡田裕之 著

本書は、精神の軌跡および思想の内実を、『きけわだつみのこえ』はじめ、日記・手紙・論文・詩歌などの原遺稿に拠って読み解く。自由な思考を守り貫き、日本社会を普遍世界のうちに求めた、彼らの思想的な遺産を抜きにして、日本の近代は問い直しえないであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 普遍世界連合の理想、敗戦による再生の期待-インターナショナリズムと日本の伝統美
  • 第2章 西洋思想の学習と日本精神の狭間に-戦没学生における近代日本の苦悩
  • 第3章 日中戦争への疑惑、「獣の如く戦い」「白々と思う」将兵-"近代の超克"とドストエフスキー『死の家の記録』
  • 第4章 戦没学生における"正義"と"愛"-自由主義・個人主義・民主主義のアメリカとの戦争
  • 第5章 歴史とは何であるか 世代の悲劇-戦争への国家意志と民族共同体への帰属
  • 第6章 マルクス主義とキリスト教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本戦没学生の思想 : 〈わだつみのこえ〉を聴く
著作者等 岡田 裕之
書名ヨミ ニホン センボツ ガクセイ ノ シソウ : ワダツミ ノ コエ オ キク
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2009.7
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-13017-5
NCID BA90802808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21689091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想