新編日本のフェミニズム  3 (性役割)

天野正子 [ほか]編

「母」「主婦」…「女」役割の固定化の構造を解読し、解放をめざしてきた女性学のメインテーマ、性役割研究。共働きの増大や非婚・少子化の進むいま、雇用やケアをめぐって、性別役割分業が再編成されている-70〜80年代から現在まで蓄積された研究成果が、この社会のジェンダー力学をより鮮明に浮き彫りにする。フェミニズムの根本課題は、まだ大きい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の女性学と「性役割」
  • 1 性役割の史的成立と現在
  • 2 性役割の形成と葛藤
  • 3 性役割からの脱却
  • 増補編1 私的領域における性役割の再編成
  • 増補編2 公的領域への参入と性役割の再生産
  • 増補編3 規範の錯綜と役割葛藤

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編日本のフェミニズム
著作者等 上野 千鶴子
井上 輝子
伊藤 るり
伊藤 公雄
加納 実紀代
大沢 真理
天野 正子
斉藤 美奈子
江原 由美子
書名ヨミ シンペン ニホン ノ フェミニズム
書名別名 性役割
巻冊次 3 (性役割)
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.7
版表示 増補新版
ページ数 328p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028138-6
NCID BA90789845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21647703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
イエ制度と性役割 介護とジェンダー 春日キスヨ
イエ制度と性役割 日本の婚外出生の歴史的変遷 善積京子
ケア役割とジェンダー 夫婦間ケアリングのジェンダー分析 笹谷春美
ジェンダー・アイデンティティの危機 女性の不安 波田あい子
主婦役割 「主婦研究」のすすめ 原ひろ子
共同性への志向 「女の経済的自立」「主婦」「母」、それぞれの思想をどう超えるか 池田祥子
増補編1 私的領域における性役割の再編成 主婦役割とジェンダー 女は昔から主婦だったか 落合恵美子
増補編2 公的領域への参入と性役割の再生産 女の仕事と男の仕事 職場のジェンダー分析 木本喜美子
増補編3 規範の錯綜と役割葛藤 子連れ出勤論争 アグネス論争の言説分析 妙木忍
女性兵士 軍事組織とジェンダーより 佐藤文香
少年少女期のジェンダー形成 物語のなかのセクシュアリティ 関礼子
性役割からの脱却 脱家族 姓へのこだわり 井田恵子
性役割と職業役割 女性の職業生活と性役割 Joanna Liddle, 小林幸一郎, 平野貴子, 神田道子
性役割の史的成立と現在 性役割の史的成立 戦略としての女 牟田和恵
性役割の形成と葛藤 母と娘 母と娘がかくメッセージ 平川和子
政治参加 生き方を変えた女性たちの議会進出 大海篤子
日本の女性学と「性役割」 井上 輝子
身体規範 身体の外見にかかわる規範 加藤まどか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想