落語論

堀井憲一郎 著

寄席で見つけた落語の真髄!なぜ繰り返し聴いても飽きないのか?うまい噺家はどこがすごいのか?日夜、浴びるように落語を聴き続けてたどり着いた渾身の落語論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 本質論(ライブとしてのみ存在する
  • 意味の呪縛を解く
  • 落語はペテンである ほか)
  • 第2部 技術論(落語は歌である
  • 音の出し方のポイント
  • 「間」が意味するところ ほか)
  • 第3部 観客論(好き嫌いからしか語れない
  • 落語の多様性
  • 嫉妬という名の原動力 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落語論
著作者等 堀井 憲一郎
書名ヨミ ラクゴロン
書名別名 Rakugoron
シリーズ名 講談社現代新書 2007
出版元 講談社
刊行年月 2009.7
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288007-7
NCID BA90770698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21636585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想