吾妻鏡の謎

奥富敬之 著

鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』は多くの謎に満ちている。いつ誰により、何のために書かれたのか。頼朝挙兵や実朝暗殺の真実、時頼の廻国伝説、源氏に厳しく北条に甘い人物評価など、史書のねらいと見え隠れする嘘を暴く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『吾妻鏡』の謎
  • 頼朝挙兵
  • 創業者頼朝
  • 鎌倉幕府の草創
  • 実朝暗殺
  • 都市鎌倉と武士
  • 『吾妻鏡』と北条氏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吾妻鏡の謎
著作者等 奥富 敬之
書名ヨミ アズマカガミ ノ ナゾ
書名別名 Azumakagami no nazo
シリーズ名 吾妻鏡 277
歴史文化ライブラリー 277
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.8
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05677-9
NCID BA90765814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21634113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想