ヒロシマを生き抜く : 精神史的考察  上

ロバート・J.リフトン 著 ; 桝井迪夫, 湯浅信之, 越智道雄, 松田誠思 訳

精神科医であり研究者として来日していた著者は、被爆後十七年の広島で、広範にわたる被爆者へのインタビュー調査を行なった。対象は、無差別に抽出した市民に加え、学者・医者・運動家など七十余名。被爆時の体験、原爆で負った障害、見えざる放射能の恐怖、生き残ったことの罪意識…。人類への最大の破壊行為の影響を、被爆者の言葉から丹念に分析し、その精神的側面に初めて光をあてた記念碑的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 広島
  • 第2章 被爆体験
  • 第3章 見えざる破壊
  • 第4章 原爆症
  • 第5章 原爆を受けた人
  • 第6章 原爆運動の指導者たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒロシマを生き抜く : 精神史的考察
著作者等 Lifton, Robert Jay
松田 誠思
桝井 迪夫
湯浅 信之
越智 道雄
リフトン ロバート・J.
書名ヨミ ヒロシマ オ イキヌク : セイシンシテキ コウサツ
書名別名 Death in life
シリーズ名 岩波現代文庫 G226
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.7
ページ数 450, 17p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600226-8
NCID BA90748597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21641539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想