福田恆存評論集  第2卷 (藝術とはなにか)

福田恆存 著

衰滅に瀕してゐる現代の藝術を明快に分析した「藝術とはなにか」。近代日本の歪みの淵源を論じた「近代の宿命」。他に「日本人の思想的態度」「自己劇化と告白」など11篇を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代の宿命
  • 藝術の轉落
  • 職業としての批評家
  • イギリス文學の可能性
  • 文學史觀の是正
  • 二つの世界のアイロニー
  • 文學者の文學的責任
  • 教壇を奪はれた教師
  • 日本人の思想的態度
  • 理解といふこと
  • 告白といふこと
  • 自己劇化と告白
  • 藝術とはなにか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福田恆存評論集
著作者等 福田 恒存
書名ヨミ フクダ ツネアリ ヒョウロンシュウ
書名別名 藝術とはなにか
巻冊次 第2卷 (藝術とはなにか)
出版元 麗澤大学出版會 : 廣池學園事業部
刊行年月 2009.7
ページ数 370p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89205-542-3
NCID BA90747506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21635829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
イギリス文學の可能性 福田恆存
二つの世界のアイロニー 福田恆存
告白といふこと 福田恆存
教檀を奪はれた教師 福田恆存
文學史觀の是正 福田恆存
文學者の文學的責任 福田恆存
日本人の思想的態度 福田恆存
理解といふこと 福田恆存
職業としての批評家 福田恆存
自己劇化と告白 福田恆存
藝術とはなにか 福田恆存
藝術の轉落 福田恆存
近代の宿命 福田恆存
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想