「ふるさと」の発想 : 地方の力を活かす

西川一誠 著

雇用の崩壊、地域産業の衰退、加速する高齢化、過疎化。苦境に立たされる地方をどう立て直すか。「ふるさと納税」など独自の政策提案で注目を集める、福井県知事の著者は、「新しいふるさと」という考えを提唱する。都市と地方の対立を乗り越え、地域における人の「つながり」の再生をめざす。自らの実践をもとに、理念と戦略を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 地方の声に何を見るか
  • 第1章 地方は、いま-福井の人びとの暮らしから
  • 第2章 地域格差をどう見るか-都市と地方の関係を問い直す
  • 第3章 「改革」とは何だったのか-地方からの視点
  • 第4章 「ふるさと」という発想-つながりが希薄化する中で
  • 第5章 「ふるさと」からの発信-地方からの広がりを
  • 第6章 「つながり」を立て直すために-地方にできること
  • おわりに いま、「ふるさと」の力を活かすとき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ふるさと」の発想 : 地方の力を活かす
著作者等 西川 一誠
書名ヨミ フルサト ノ ハッソウ : チホウ ノ チカラ オ イカス
書名別名 Furusato no hasso
シリーズ名 岩波新書 新赤版1195
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.7
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431195-9
NCID BA90746864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21641159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想