暁斎(きょうさい)百鬼画談

河鍋暁斎 画 ; 安村敏信 監修・解説

幕末明治の天才画家・河鍋暁斎。狩野派仕込みの卓抜した腕前、明治の大物建築家ジョサイア・コンドルを弟子にとり、新し物好きで諷刺・茶化しが大好き、肉筆美人画から浮世絵、戯画、春画まで何でもござれの幅広い仕事ぶりだが、なかでも妖怪画・化物画は有名だ。本書はいにしえの「百鬼夜行絵巻」を踏まえて描いた遺作の版本、『暁斎百鬼画談』を全ページカラーで収録、奇にして怪、滑稽と愛嬌に満ちた妖怪たちの魅力を余すところなく再現する。近年再評価の機運著しい暁斎の、多彩な画業を俯瞰する、充実した解説を収録。暁斎の妖怪ワールドへようこそ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "妖怪的なるもの"の気配-『暁斎百鬼画談』を読み解く
  • 『暁斎百鬼画談』
  • 参考図版(『芝居説話画帖』より
  • 『江戸名所伝奇画帖』1より
  • 『江戸名所伝奇画帖』2より
  • 『狂斎興画帳』より
  • 『暁斎酔画』二編より
  • 『暁斎鈍画』より
  • 『暁斎楽画』第三号「化々学校」)
  • 解説 蘇る巨人・河鍋暁斎
  • 図版解説 妖怪たちはどこから来たのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暁斎(きょうさい)百鬼画談
著作者等 安村 敏信
河鍋 暁斎
書名ヨミ キョウサイ ヒャッキ ガダン
書名別名 暁斎百鬼画談
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ヤ19-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.7
ページ数 157p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09236-6
NCID BA90741918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21637390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想