草双紙の世界 : 江戸の出版文化

木村八重子 著

戯作者の文、浮世絵師の画、江戸〜明治に流行した出版物"草双紙"。19世紀には役柄に合った歌舞伎役者の似顔でも描かれ、画文作品としてマンガの源流ともいえよう。220余年間、人々を魅了し続けた伝統の力を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桃太郎は桃から生まれない
  • 赤本の金時と清長
  • 公平地獄破
  • 三重県松阪市射和町の地蔵尊
  • ミイラ取りがミイラになる
  • 曲亭馬琴の見ていたもの
  • 子どもに向かない赤本
  • 享保の改革と雛本
  • 雛本はどのように作られたか
  • 鼠と福神〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 草双紙の世界 : 江戸の出版文化
著作者等 木村 八重子
書名ヨミ クサゾウシ ノ セカイ : エド ノ シュッパン ブンカ
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2009.7
ページ数 209p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8315-1229-1
NCID BA90738072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21631949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想