発達障碍の理解と対応 : 心理臨床の視点から

田中千穂子 編著

高機能広汎性発達障碍児者の理解と援助のあり方について、自閉症研究の歴史・当事者の自伝分析・実際の心理臨床援助、それぞれを題材にして、専門家・支援者向けに詳しく紹介・解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「高機能広汎性発達障碍」をどうとらえるか-自閉症史の多様性に学ぶ(「高機能広汎性発達障碍」を自閉症史からとらえる
  • 自閉症概念の出現-統合失調症に関連する「疾患」として(1960年代まで)
  • 自閉症概念の展開-「疾患」から「障碍」へ(1970年代以降) ほか)
  • 第2章 その人らしさとしての"障碍"-自伝分析にみる高機能広汎性発達障碍をもつ方々の世界(テンプル・グランディンさんの場合
  • ドナ・ウィリアムズさんの場合-「わたしの世界」を守ることで自分自身を支えて
  • 森口奈緒美さんの場合 ほか)
  • 第3章 関係性の心理臨床-発達臨床の視点から(心理臨床家としての私の姿勢
  • 「思い込み」の罠を越える
  • 発達障碍の心理相談 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達障碍の理解と対応 : 心理臨床の視点から
著作者等 田中 千穂子
書名ヨミ ハッタツ ショウガイ ノ リカイ ト タイオウ : シンリ リンショウ ノ シテン カラ
出版元 金子書房
刊行年月 2009.7
ページ数 336p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7608-3243-9
NCID BA90732393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21631982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想