世界は分けてもわからない

福岡伸一 著

顕微鏡をのぞいても生命の本質は見えてこない!?科学者たちはなぜ見誤るのか?世界最小の島・ランゲルハンス島から、ヴェネツィアの水路、そして、ニューヨーク州イサカへ-「治すすべのない病」をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ パドヴァ、二〇〇二年六月
  • ランゲルハンス島、一八六九年二月
  • ヴェネツィア、二〇〇二年六月
  • 相模原、二〇〇八年六月
  • ES細胞とガン細胞
  • トランス・プランテーション
  • 細胞のなかの墓場
  • 脳のなかの古い水路
  • ニューヨーク州イサカ、一九八〇年一月
  • 細胞の指紋を求めて
  • スペクターの神業
  • 天空の城に建築学のルールはいらない
  • 治すすべのない病
  • エピローグ かすみゆく星座

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界は分けてもわからない
著作者等 福岡 伸一
書名ヨミ セカイ ワ ワケテモ ワカラナイ
書名別名 Sekai wa waketemo wakaranai
シリーズ名 講談社現代新書 2000
出版元 講談社
刊行年月 2009.7
ページ数 275p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288000-8
NCID BA90727779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21634096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想