名作への招待日本篇 : アメリカ文学者による作品ガイド

岡田量一 著

実存を探りつつ近現代文学を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鬼退治の旅-夏目漱石『坑夫』
  • 第2章 父親探しの夢-夏目漱石「夢十夜」
  • 第3章 汚泥に咲いた花-森鴎外『雁』
  • 第4章 偶然を必然になしえるか-夏目漱石『彼岸過迄』
  • 第5章 ちぐはぐな表現・甘い認識-芥川龍之介「地獄変」
  • 第6章 一町民に託された江戸の心情と風物-岡本綺堂「川越次郎兵衛」
  • 第7章 杜撰な文体・うつろな心情-堀辰雄「風立ちぬ」
  • 第8章 「世間」に振りまわされた男-太宰治『人間失格』
  • 第9章 自決への序文-三島由紀夫『金閣寺』
  • 第10章 大衆文学作品の宿命-松本清張『球形の荒野』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名作への招待日本篇 : アメリカ文学者による作品ガイド
著作者等 岡田 量一
書名ヨミ メイサク エノ ショウタイ ニホンヘン : アメリカ ブンガクシャ ニ ヨル サクヒン ガイド
書名別名 Meisaku eno shotai nihonhen
出版元 彩流社
刊行年月 2009.7
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7791-1450-2
NCID BA90726062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21635868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想