MW(ムウ)

司城志朗 著

バンコクで起きた日本人誘拐事件。巨額の身代金と二つの生命を奪い犯人は逃走した。捜査にあたる警視庁の沢木は二人の男と出会う。LA新世紀銀行勤務の結城美智雄と、山の手教会で聖職につく賀来裕太郎。「俺たちは一枚のコインの裏表さ」二人はある共通の過去を背負って生きていた。一方、事件の取材を進めていた牧野京子は、十六年前とある島で起きた酸鼻な事件と疑惑に行き着く。その先には、政府により闇に葬られた凄惨な過去と、そのとき島に残された二人の少年の真実が-。手塚治虫原作の映画「MW」を、本格ピカレスク小説に昇華させた至高のノベライズ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 MW(ムウ)
著作者等 司城 志朗
書名別名 MW

MW
シリーズ名 小学館文庫 つ2-3
出版元 小学館
刊行年月 2009.6
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-408394-1
NCID BA90687696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21615007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想