寝取られた男たち

堀江珠喜 著

自分は浮気するのに、女の浮気は許せないという男は結構多い。でも、現実には妻や彼女も浮気をする。いざ発覚すると、黙認したり、相手に制裁を加えたり、遂には殺人に至ったり…哀しい男の姿は実に様々である。だが、妻や恋人を横取りされた時にこそ、実は男の真価が問われるのだ。源氏物語、近松門左衛門、松本清張やシェイクスピア、トルストイなど古今東西の名作から「寝取られた男」を集めたユニークな評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「浮気」を黙認する男
  • 第2章 浮気女を殺す男
  • 第3章 復讐する男
  • 第4章 「女敵討ち」の男たち
  • 第5章 妻に浮気を勧める男
  • 第6章 別れる男女
  • 第7章 別れたくない男
  • 終章 鈍感な男は幸せ?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寝取られた男たち
著作者等 堀江 珠喜
書名ヨミ ネトラレタ オトコタチ
書名別名 Netorareta otokotachi
シリーズ名 新潮新書 322
出版元 新潮社
刊行年月 2009.7
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610322-3
NCID BA90685941
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21634167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想