タテ社会の力学

中根千枝 著

日本では法よりも社会的規制によって人々の行動は律される。『タテ社会の人間関係』で著者が提示した「タテ社会」というモデルを動かすメカニズムを、全人格的参加、無差別平等主義、儀礼的序列、とりまきの構造など、興味深い事例で解明、日本社会のネットワークを鮮やかに描き出す。外的変化に柔軟に対応する軟体動物的構造の再認識に国際化の扉は開く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 個人と集団-小集団の特性(個体認識について
  • 小集団所属
  • 類別集団における個人と集団
  • ネットワークと個人
  • 小集団における特色ある人間関係
  • 小集団的思考と行動様式)
  • 第2部 集団と集団-隣接する諸集団のメカニズム(軟体動物的構造
  • 権力でなく圧力
  • エスカレートする隣接集団間の動き
  • 性能のよい連続体)
  • 付記1 理論と変化の過程-社会的諸現象の理解とその方法について
  • 付記2 タテ社会論からクラゲ論へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タテ社会の力学
著作者等 中根 千枝
書名ヨミ タテ シャカイ ノ リキガク
シリーズ名 講談社学術文庫 1956
出版元 講談社
刊行年月 2009.7
ページ数 188p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291956-2
NCID BA90679133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21631561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想