日本語は論理的である

月本洋 著

日本語は特殊でも非論理的でもない!人工知能研究と脳科学の知見を武器に、形骸化した学校文法からは見えなかった、日本語の論理がもつ普遍性と特徴を、非常に明快に解説。返す刀で、小学校での英語教育の根源的問題点を突く。理系と文系を架橋する、まったく新しい角度からの日本語論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本語否定論・日本語特殊論の系譜
  • 2 論理とは比喩の形式である
  • 3 日本語の論理と英語の論理
  • 4 日本語の論理の基本は形式論理である
  • 5 学校文法が自虐的言語観を生んでいる
  • 6 小学校英語教育は廃止すべきである

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語は論理的である
著作者等 月本 洋
書名ヨミ ニホンゴ ワ ロンリテキ デ アル
書名別名 Nihongo wa ronriteki de aru
シリーズ名 講談社選書メチエ 445
出版元 講談社
刊行年月 2009.7
ページ数 209p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258445-6
NCID BA90670252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21631028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想