鏡花百物語集

泉鏡花 ほか著 ; 東雅夫 編

大正年間、名だたる文人墨客名優たちを集めて幾度も催された百物語怪談会。座の中心には「お化けの隊長」泉鏡花がおり、喜多村緑郎、平山蘆江がいた。ときに柳田國男や芥川龍之介らも加わる座談の模様は、盛夏の風物詩として新聞雑誌で詳報された。史上初復刻となる記事多数と、そこから生まれた小説・随筆作品を併せ収め、怪談黄金時代の活況を文士の肉声でふりかえる怪奇座談アンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 怪談精霊祭
  • 恋物語(抄)
  • 浮舟(泉鏡花)
  • 怪談の会と人
  • 向島の怪談祭
  • 友人一家の死(松崎天民)
  • 怪談会点景
  • 怪談聞書
  • 露萩(泉鏡花)
  • 怪談(平山蘆江)
  • 怪談会
  • 幽霊と怪談の座談会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏡花百物語集
著作者等 東 雅夫
泉 鏡花
書名ヨミ キョウカ 100 モノガタリシュウ
書名別名 Kyoka 100 monogatarishu
シリーズ名 文豪怪談傑作選 特別篇
ちくま文庫 特別篇
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.7
ページ数 378p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42618-5
NCID BA90663392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21638949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想