食品偽装の歴史

ビー・ウィルソン 著 ; 高儀進 訳

混ぜ物、偽装、保存料・添加物、遺伝子操作、偽牛乳事件など、食品をめぐる暗黒の歴史を徹底的に検証し、現代社会に警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドイツのハムと英国のピクルス
  • 第2章 一壷のワイン、一塊のパン
  • 第3章 政府製マスタード
  • 第4章 ピンクのマーガリンと純正ケチャップ
  • 第5章 紛い鵞鳥の仔とペアナナ
  • 第6章 バスマティ米と乳児用粉ミルク
  • エピローグ 二十一世紀における混ぜ物工作

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食品偽装の歴史
著作者等 Wilson, Bee
高儀 進
ウィルソン ビー
書名ヨミ ショクヒン ギソウ ノ レキシ
書名別名 Swindled
出版元 白水社
刊行年月 2009.7
ページ数 412, 30p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08014-6
NCID BA90662232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21630809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想