一本の茎の上に

茨木のり子 著

鴎外の文章に沈着・冷静・簡潔と香気を感じ「すぐれた散文とはこういうものか」と感動した著者が後年綴った散文には、まさに香気がただよっている。日本人のよってきたる源、遙か古代に想いをはせた表題作をはじめ、敬愛する山之口貘、吉野弘、山本安英、木下順二等について綴った選りすぐりのエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一本の茎の上に
  • 内海
  • 涼しさや
  • もう一つの勧進帳
  • 歌物語
  • 女へのまなざし
  • 平熱の詩
  • 祝婚歌
  • 尹東柱について
  • 晩学の泥棒〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一本の茎の上に
著作者等 茨木 のり子
書名ヨミ 1ポン ノ クキ ノ ウエ ニ
シリーズ名 ちくま文庫 い32-3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.7
ページ数 204p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42614-7
NCID BA9066182X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21638947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想