商人道ノスヽメ

松尾匡 著

グローバル化、市場主義の渦中で、"道徳"を見失った現代日本人に贈る、開かれた個人主義=「商人道」のすすめ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会関係の二大原理とそれぞれの倫理(身内集団原理と開放個人主義原理-その合理性
  • 裏目に出る身内集団の道徳)
  • 第2部 江戸時代の商人道(石田梅岩の商人道
  • 近江商人の商人道
  • 明治維新以前の開放個人主義倫理の伝統)
  • 第3部 「大義名分-逸脱手段」のシステムの落とし穴(「大義名分‐逸脱手段」図式-身内集団倫理と市場取引の一両立方法
  • 「大義名分‐逸脱手段」図式の破綻-手段の暴走と中心目的による引っ張り返し)
  • 第4部 生きている商人道の精神(維新後と戦後の商人道の精神
  • 反撃せよ商人道)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 商人道ノスヽメ
著作者等 松尾 匡
書名ヨミ ショウニンドウ ノ ススメ
書名別名 Shonindo no susume
出版元 藤原書店
刊行年月 2009.6
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-693-2
NCID BA90661331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21620909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想