日本の歴史  12

網野善彦, 大津透, 鬼頭宏, 桜井英治, 山本幸司 編

恨みを忘れず報復の機会を虎視耽々と狙う人々、コネと賄賂が威力を発揮する訴訟、籤引きによる後継者選び、外聞ばかりを気にかける歴代将軍-。三代将軍義満の治世から応仁・文明の乱にかけての財政、相続、贈与、儀礼のしくみを解明、幕府の権力構造を描き、時代を覆う精神世界に迫る。無為と恐怖と酔狂に彩られた混沌に、中世的秩序は崩れゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神々の戦い
  • 第2章 「神慮」による政治
  • 第3章 「無為」と「外聞」
  • 第4章 徳政一揆
  • 第5章 酔狂の世紀
  • 第6章 下剋上の波
  • 第7章 京都開陣

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の歴史
著作者等 大津 透
桜井 英治
網野 善彦
鬼頭 宏
書名ヨミ ニホン ノ レキシ
書名別名 室町人の精神
シリーズ名 講談社学術文庫 1912
巻冊次 12
出版元 講談社
刊行年月 2009.7
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291912-8
NCID BA90658880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21631556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
室町人の精神 桜井 英治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想