『資本論』で読む金融・経済危機 : オバマ版ニューディールのゆくえ

鎌倉孝夫 著

期待いっぱいで進むオバマ・グリーンディールは、危機克服の決め手となるか?なりふりかまわぬ大恐慌回避策は、逆に資本主義の危機を増幅しないか?『資本論』研究の泰斗がGM破綻にいたる金融・経済危機の推移を詳しく追跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 金融危機の発生(危機の背景-金融グローバリズム
  • サブプライムローン問題発生
  • 中国の経済バブルも崩壊へ)
  • 2 金融危機から経済危機へ("擬制"的経済の世界化と破綻
  • 日本経済への波及
  • 世界的金融破綻-実体経済危機へ)
  • 3 金融・経済危機の原因(金融証券化商品の世界的拡散と投機
  • 新自由主義の破綻)
  • 4 金融・経済危機対策(金融危機対策
  • 産業・雇用対策
  • 危機対策による危機深刻化)
  • 5 金融・経済危機の経済学(新自由主義批判の理論的基礎-友寄英隆『新自由主義とは何か』に寄せて
  • 金融危機の経済学批判
  • 基礎としての株式・擬制資本論
  • 金融・経済危機の歴史的位相(総括))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『資本論』で読む金融・経済危機 : オバマ版ニューディールのゆくえ
著作者等 鎌倉 孝夫
書名ヨミ シホンロン デ ヨム キンユウ ケイザイ キキ : オバマバン ニューディール ノ ユクエ
書名別名 Shihonron de yomu kin'yu keizai kiki
出版元 時潮社
刊行年月 2009.6
ページ数 240p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7888-0637-5
NCID BA90619685
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21623120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想