人の気持ちがわかる脳 : 利己性・利他性の脳科学

村井俊哉 著

人は、他人の気持ちを知りたいと思っている。それはヒトが社会的な動物で、私たちの日常が人と人との相互関係から成り立っているからだ。では人の心がわかりたいという人間の究極的本性は、駆け引きをして相手を出し抜くことなのか、社会全体のために助け合うことなのか。精神科医である著者の臨床例を参照しながら、最新の脳科学や社会神経科学の知見をもとに、人が人とうまくつきあうことの生物学的意味を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人の気持ちがわかるのは難しい?
  • 第2章 駆け引きする脳
  • 第3章 「駆け引き脳」を超えて
  • 第4章 不公平は許せない
  • 第5章 無償の利他性
  • 第6章 利他性・利己性のバランス
  • 第7章 道徳と脳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人の気持ちがわかる脳 : 利己性・利他性の脳科学
著作者等 村井 俊哉
書名ヨミ ヒト ノ キモチ ガ ワカル ノウ : リコセイ リタセイ ノ ノウ カガク
書名別名 Hito no kimochi ga wakaru no
シリーズ名 ちくま新書 794
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.7
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06499-8
NCID BA90618762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21637633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想