ラテンアメリカ世界のことばと文化

畑惠子, 山崎眞次 編著

同質性と多様性を有するラテンアメリカ・カリブ地域の言語・文化世界の現状を描く。ラテンアメリカ世界のダイナミックな歴史・文化を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ラテンアメリカ世界への誘い(ラテンアメリカ世界への誘い
  • ラテンアメリカにおけるスペイン語の普及-なぜスペイン語がラテンアメリカで話されるようになったのか
  • ブラジル社会の多様性とその承認)
  • 2 ラテンアメリカの芸術と文化(ガルシア=マルケスの詩
  • 図像から見えるメキシコ
  • ラテンアメリカ音楽の「国際性」をめぐって
  • ノスタルジーとしてのグァラーニア)
  • 3 ラテンアメリカの先住民言語文化と国民国家(ラテンアメリカの先住民言語-生き残りをかけて
  • 19世紀のメキシコにおけるヤキ族の反乱
  • 「メスティサ」へのまなざし-1920年代のメキシコ
  • ペルーの多言語・多文化世界-「あれかこれか」の選択を超えて
  • エクアドルの言語政策と二言語教育の実践
  • チリにおけるフロンティアの拡大と先住民-均質社会の形成と文化的多元性のはざまで)
  • 4 ラテンアメリカ・カリブ諸国における言語文化の多様性(カリブ海のフランス語圏クレオール文化
  • パトワとエスニック言語の交錯-ジャマイカのクレオール語にみる歴史性と非英語的特徴
  • 「未来の大国」=ブラジルのことば=ポルトガル語は「未来のことば」か?
  • アルゼンチン:「コマンダボー」の世界)
  • 5 越境するラテンアメリカ世界(日本で紹介されているラテンアメリカ文化-コミュニティから生まれつつある新しい文化とは
  • 米国におけるメキシコ系住民の言語文化と公教育-スペイン語と英語によるバイリンガル教育を中心に
  • 外部要因により表舞台に出たカスティジャとその言葉
  • おいしさは世界の共通語-トウモロコシから眺めたグアテマラ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラテンアメリカ世界のことばと文化
著作者等 畑 恵子
Matsumoto, Juan Alberto
三田 千代子
加藤 薫
山崎 真次
市之瀬 敦
後藤 雄介
新木 秀和
本谷 裕子
柴田 佳子
森本 栄晴
浦部 浩之
牛田 千鶴
田島 久歳
田村 さと子
畑 恵子
睦月 規子
立岩 礼子
立花 英裕
西村 秀人
山崎 眞次
書名ヨミ ラテン アメリカ セカイ ノ コトバ ト ブンカ
書名別名 Raten amerika sekai no kotoba to bunka
シリーズ名 世界のことばと文化シリーズ
出版元 成文堂
刊行年月 2009.7
ページ数 370p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7923-7084-8
NCID BA90608292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21625946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
19世紀のメキシコにおけるヤキ族の反乱 山崎眞次
「メスティサヘ」へのまなざし 畑惠子
「未来の大国」=ブラジルのことば=ポルトガル語は「未来のことば」か? 市之瀬 敦
おいしさは世界の共通語 本谷裕子
アルゼンチン:「コマンダボー」の世界 睦月 規子
エクアドルの言語政策と二言語教育の実践 新木 秀和
チリにおけるフロンティアの拡大と先住民 浦部浩之
ノスタルジーとしてのグァラーニア 田島 久歳
パトワとエスニック言語の交錯 柴田佳子
ブラジル社会の多様性とその承認 三田 千代子
ペルーの多言語・多文化世界 後藤雄介
ラテンアメリカにおけるスペイン語の普及 立岩礼子
ラテンアメリカの先住民言語文化と国民国家 ラテンアメリカの先住民言語 山崎眞次
ラテンアメリカの芸術と文化 ガルシア=マルケスの詩 田村さと子
ラテンアメリカ・カリブ諸国における言語文化の多様性 カリブ海のフランス語圏クレオール文化 立花英裕
ラテンアメリカ世界への誘い ラテンアメリカ世界への誘い 畑惠子
ラテンアメリカ音楽の「国際性」をめぐって 西村 秀人
図像から見えるメキシコ 加藤 薫
外部要因により表舞台に出たカスティジャとその言葉 森本 栄晴
米国におけるメキシコ系住民の言語文化と公教育 牛田千鶴
越境するラテンアメリカ世界 日本で紹介されているラテンアメリカ文化 アルベルト松本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想