図説蛮族の歴史 : 世界史を変えた侵略者たち

トマス・クローウェル 著 ; 蔵持不三也 監訳 ; 伊藤綺 訳

歴史に与えた蛮族の衝撃を網羅。豊富な図版、年表+詳細索引つき。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 西暦410年 「この世でもっとも明るい光が消えた」-ゴート族のローマ略奪
  • 西暦369年 「彼らは世界中を大虐殺と恐慌で満たした」-フン族の出現
  • 西暦406頃‐453年 神による災い-アッティラ
  • 西暦406‐439年 陸海の王-ガイセリックとヴァンダル族の全盛期
  • 西暦455年 自分たちの帝国-ヴァンダル族と2度目のローマ略奪
  • 西暦449年 ブリトン人の苦悶-アングル族、サクソン族、ジュート族によるブリタニア侵入
  • 西暦270‐511年 長髪の諸王-フランク族
  • 西暦793年 ヴァイキングの最初のイングランド侵入-リンディスファーン修道院の略奪
  • 西暦849‐899年 最後の王-アルフレッド大王
  • 西暦795‐980年 「押し寄せるデーン人と海賊」-アイルランドのヴァイキング
  • 不毛の地-フランク王国のヴァイキング
  • ヘステンの復活-地中海のヴァイキング
  • 英雄の血-クロンターフの戦いでのアイルランド人とヴァイキング
  • ヴァイキング時代の終焉-スタンフォード・ブリッジの戦い
  • 復習にとりつかれて-キエフのオリガ
  • キエフをキリスト教国にした王-大公ウラジーミル
  • 皇帝につばを吐く-中国のモンゴル人
  • 黄金のオルド-ロシアのモンゴル人
  • 耳の詰まった麻袋-東ヨーロッパのモンゴル人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説蛮族の歴史 : 世界史を変えた侵略者たち
著作者等 Craughwell, Thomas J
Craughwell, Thomas J.
伊藤 綺
蔵持 不三也
クローウェル トマス
書名ヨミ ズセツ バンゾク ノ レキシ : セカイシ オ カエタ シンリャクシャタチ
書名別名 How the barbarian invasions shaped the modern world
出版元 原書房
刊行年月 2009.7
ページ数 355p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-562-04297-5
NCID BA90600009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21637399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想