ヨーロッパの100年 : 何が起き、何が起きなかったのか  下

ヘールト・マック 著 ; 長山さき 訳

ヨーロッパでは二十世紀のすべての段階がどこかでいまも繰り返されている。イスタンブールのフェリー船上はいつでも一九四八年。リスボンは一九五六年。パリのリヨン駅は二〇二〇年…重層的に積み重なった時間を訪ね歩いた歴史紀行。2004年オランダでNS文学大衆賞、2009年ドイツでライプチヒ文学賞を受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第8章 戦場の街・戦火の村・そして抵抗運動(一九四二〜一九四四年)(スターリングラード
  • スターリングラード ほか)
  • 第9章 終戦の黙示録(一九四四〜一九五六年)(ベヌヴィル
  • オースターベーク ほか)
  • 第10章 戦後を吹き荒れた悲劇(一九五六〜一九八〇年)(ブリュッセル
  • ブリュッセル ほか)
  • 第11章 ソ連崩壊・東欧圏の解体(一九八〇〜一九八九年)(ベルリン
  • ニースキー ほか)
  • 第12章 ミレニアム直前の地獄(一九八九〜一九九九年)(ブカレスト
  • ブカレスト ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパの100年 : 何が起き、何が起きなかったのか
著作者等 Mak, Geert
長山 さき
マック ヘールト
書名ヨミ ヨーロッパ ノ 100ネン : ナニ ガ オキ ナニ ガ オキナカッタノカ
書名別名 In Europa

Yoroppa no 100nen
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 2009.6
ページ数 409p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-19-862749-2
NCID BA90577246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21620902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 オランダ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想