大河内正敏 : 科学・技術に生涯をかけた男

齋藤憲 著

理化学研究所長であり、新興財閥理研コンツェルンの創設者であった大河内の、経営思想や科学技術教育の真髄を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理化学研究所の設立
  • 第2章 経営思想の形成
  • 第3章 発明の工業化
  • 第4章 企業集団の形成とその特異性
  • 第5章 科学主義工業の実践
  • 第6章 大河内正敏の遺したもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大河内正敏 : 科学・技術に生涯をかけた男
著作者等 斎藤 憲
齋藤 憲
書名ヨミ オオコウチ マサトシ : カガク ギジュツ ニ ショウガイ オ カケタ オトコ
シリーズ名 評伝・日本の経済思想
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2009.7
ページ数 208p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8188-2029-6
NCID BA90555210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21651559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想