災害都市、トゥルーズ : 17世紀フランスの地方名望家政治

宮崎揚弘 著

南仏における王権の拠点都市として繁栄を誇ったトゥルーズは、次々に災害に見舞われた「災害都市」でもあった。ペスト、洪水、飢餓、プロテスタントや大貴族の反乱-カピトゥールと呼ばれる市参事の指揮のもと、様々な厄災に対応していったトゥルーズの歴史をたどることで、当時の都市のあり方や人びとの営みが生き生きとよみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世初期フランス絶対王政と都市
  • 第1部 トゥルーズの環境(トゥルーズをめぐる自然環境
  • トゥルーズの都市空間
  • トゥルーズの都市社会)
  • 第2部 トゥルーズの事件史(プロテスタントの反乱
  • ペストの流行と飢饉
  • 地方総督の反乱
  • 民衆の動揺と洪水)
  • トゥルーズの被害とその後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 災害都市、トゥルーズ : 17世紀フランスの地方名望家政治
著作者等 宮崎 揚弘
書名ヨミ サイガイ トシ トゥルーズ : 17セイキ フランス ノ チホウ メイボウカ セイジ
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.6
ページ数 200, 23p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-023025-4
NCID BA90551592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21629828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想