統合主義 : 政治の基本原則

平尾透 著

政治において決定的に重要なのは、正しい戦略的-戦術的ではなく-判断を下すということであるが、その根底に存在すべきは妥当な歴史観である。何故なら、社会とは根本的に歴史的な生成物であり、社会の運営を事とする政治は必然的に歴史の圧倒的な規定性の下にあるからである。本書は、先著で打ち出したオリジナルな歴史理論である「統合史観」に基づいて、人類の幸福を実現するための普遍的政治原則を提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「統合史観」とは何か
  • 2 国家分割のススメ
  • 3 人権外交の誤り
  • 4 開発独裁の正しさ
  • 5 国家意識の肝要
  • 付論1 「統合史観」-歴史法則と発展段階
  • 付論2 国民国家の概念
  • 付論3 日本帝国主義の評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統合主義 : 政治の基本原則
著作者等 平尾 透
書名ヨミ トウゴウ シュギ : セイジ ノ キホン ゲンソク
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 150
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.7
ページ数 281, 8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-04661-4
NCID BA90531722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21624811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想