風俗絵画の文化学 : 都市をうつすメディア

松本郁代, 出光佐千子 編

[目次]

  • 巨視と微視の文化学
  • 第1部 場の記憶(「清水寺参詣曼荼羅」試論-想定された享受者層をめぐって
  • 中世京都・東山の風景-祇園社境内の景観とその変貌をめぐって
  • 「北野経王堂」と「諏訪の神事」-室町時代京名所扇面図の場と記憶)
  • 第2部 聖俗の描写(中世における職人絵の表象-職能者をみる目線と社会
  • 近世風俗絵画のなかの節季候
  • 池大雅が描いた都市景観と風俗表現)
  • 第3部 伝承の変化(「根来」と根来塗-絵画資料にみる根来
  • 立命館大学ARC所蔵「東山名所図屏風」の主題考察-相模掾操芝居図を中心に
  • 江戸の劇場図-菱川派を中心に
  • 風俗「曲水宴図」の思想と変容-月岡雪斎と窪俊満を例として)
  • 第4部 解釈の創出(「風俗画」再考-西洋における日本美術研究の視点から
  • 写真は真を写したか-明治初期の万国博覧会写真と日本陶磁器
  • 中国における「清明上河図」研究の現状と課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風俗絵画の文化学 : 都市をうつすメディア
著作者等 出光 佐千子
松本 郁代
書名ヨミ フウゾク カイガ ノ ブンカガク : トシ オ ウツス メディア
出版元 思文閣
刊行年月 2009.7
ページ数 355, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1469-3
NCID BA90527521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21635170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想