トクヴィルとデモクラシーの現在

松本礼二, 三浦信孝, 宇野重規 編

2005年6月10‐12日に東京大学山上会館及び日仏会館で行われたトクヴィル生誕200年記念国際シンポジウム「アメリカとフランス〜二つのデモクラシー?」(日仏会館主催、日仏政治学会、アメリカ学会、政治思想学会共催)において発表された報告を集めた論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 トクヴィルという問い(トクヴィルをどう読むか
  • トクヴィルはどう読まれてきたか)
  • 第2篇 トクヴィルと三つの近代(トクヴィルとアメリカ
  • トクヴィルとフランス
  • トクヴィルと日本)
  • 第3篇 トクヴィルと現代デモクラシー(革命と戦争
  • 多様性と統合
  • 自由主義と共和主義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トクヴィルとデモクラシーの現在
著作者等 三浦 信孝
宇野 重規
松本 礼二
書名ヨミ トクヴィル ト デモクラシー ノ ゲンザイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2009.6
ページ数 388p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-036233-7
NCID BA90523418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21721160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「デモクラシー」と「立憲主義」 樋口陽一
アメリカにおける不平等 ロジャーズ・M.スミス, 高山裕二
デモクラシーは平和的か 松本 礼二
トクヴィルあるいはヨーロッパの不幸な意識 フランソワーズ・メロニオ, 三浦 信孝
トクヴィルという問い トクヴィルをどう読むか デモクラシーの普遍性と多様性 ベルナール・ド・モンフェラン, 三浦 信孝
トクヴィルとフランス トクヴィルにおける「新たなアリストクラシー」の問題 リュシアン・ジョーム, 杉本圭子
トクヴィルとライシテ・市民権? 三浦 信孝
トクヴィルと三つの近代 トクヴィルとアメリカ トクヴィルとアメリカのデモクラシーの「出発点」テーゼ ドニ・ラコルヌ, 高山裕二
トクヴィルと政治哲学の再生 宇野 重規
トクヴィルと日本 アンシャン・レジームと明治革命 渡辺浩
トクヴィルと日本の政治 佐々木毅
トクヴィルと現代デモクラシー 革命と戦争 民主化と惨事の時代にトクヴィルをどう読むか スティーヴン・ホームズ, 松本 礼二
トクヴィルはどう読まれてきたか 19世紀アメリカにおける『アメリカのデモクラシー』 オリヴィエ・ザンズ, 松本 礼二
ブリッソーからトクヴィルへ 富永茂樹
分析装置としてのアリストクラシー アラン・カハーン, 原千砂子
多様性と統合 トクヴィルと移民問題 ナンシー・L.グリーン, 川崎亜紀子
戦後日本のアメリカ研究とトクヴィル 古矢旬
現代アメリカにおける『アメリカのデモクラシー』 ジェームズ・シュライファー, 宇野 重規
義気と慣習 松田宏一郎
自由主義と共和主義 市民権と宗教 アニェス・アントワーヌ, 高山裕二
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想