河竹黙阿弥 : 元のもくあみとならん

今尾哲也 著

河竹黙阿弥(一八一六〜一八九三)歌舞伎狂言作者。江戸末期から明治中期という維新をまたぐ日本の新旧転換期に活躍。過去の慣習から脱却し、新たな芝居世界を切り拓いて狂言作者から劇作家に転じようとした脚本作者の生涯を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 河竹黙阿弥とは?
  • 第1章 狂言作者としての黙阿弥
  • 第2章 二世河竹新七の誕生
  • 第3章 市川小団次と河竹新七
  • 第4章 作者と作品
  • 第5章 「勧善懲悪」の人間観
  • 第6章 新七と明治維新
  • 第7章 一世一代のために
  • 第8章 引退

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 河竹黙阿弥 : 元のもくあみとならん
著作者等 今尾 哲也
書名ヨミ カワタケ モクアミ : モト ノ モクアミ ト ナラン
書名別名 Kawatake mokuami
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.7
ページ数 364, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05491-6
NCID BA90512386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21626463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想