非線形言語モデルによる自然言語処理 : 基礎と応用

池原悟 著

自然言語処理における意味解析の本質的困難は従来から知られており、これまでにも様々な方式が提案されてきたが、いずれも線形言語観に基づくため、うまくいかなかった。本書が提案する方式は非線形言語観に基づく画期的なものであり、その劇的な言語観の転換も相俟って、自然言語処理、人工知能のみならず、言語学、言語哲学、外国語教育など、関連諸分野にも大きなインパクトを与えることだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 非線形言語モデルによる自然言語処理-基礎編(言語表現とその意味
  • 対象認識の概念化と言語表現
  • 非線形言語モデル
  • パターン言語処理
  • 意味的等価変換方式)
  • 第2部 非線形言語モデルによる自然言語処理-応用編(日英表現パターン記述言語
  • 文型パターン辞書の開発
  • 文型パターンの意味類型化)
  • 付録表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非線形言語モデルによる自然言語処理 : 基礎と応用
著作者等 池原 悟
書名ヨミ ヒセンケイ ゲンゴ モデル ニ ヨル シゼン ゲンゴ ショリ : キソ ト オウヨウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.6
ページ数 322p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-005882-7
NCID BA90501426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21630542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想