チャールズ・バベッジ : コンピュータ時代の開拓者

オーウェン・ギンガリッチ 編 ; ブルース・コリアー 著 ; 須田康子 訳

バベッジ以上に科学と機械工学のあいだの溝を狭めた人はいない。バベッジが夢見たときから約100年を経て開発された20世紀のコンピュータ。直接影響を与えていないにもかかわらず、なぜバベッジは「コンピュータの父」と呼ばれるのか。19世紀、保守的なイギリス科学界と絶えず衝突しながらも、つねに科学を社会に役立てようとしたバベッジの評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数学者となるまで
  • 第2章 科学界での活躍
  • 第3章 階差機関の発明
  • 第4章 改革の気運
  • 第5章 解析機関の発明
  • 第6章 哲学者の人生の断片
  • 第7章 バベッジ以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チャールズ・バベッジ : コンピュータ時代の開拓者
著作者等 Collier, Bruce
Gingerich, Owen
須田 康子
コリアー ブルース
ギンガリッチ オーウェン
書名ヨミ チャールズ バベッジ : コンピュータ ジダイ ノ カイタクシャ
書名別名 Charles Babbage

Charuzu babejji
シリーズ名 オックスフォード科学の肖像
出版元 大月書店
刊行年月 2009.6
ページ数 158, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-44054-2
NCID BA90461900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21620376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想