肩関節運動機能障害 : 何を考え、どう対処するか

嶋田智明, 大峯三郎, 立花孝 編

[目次]

  • 1 肩関節に運動機能障害を有する患者を受け持ったらどうするか(介入の方向性を間違わないためには何をどのように聞くべきか?
  • 理学療法プログラムを立てる)
  • 2 ICFからみた理学療法介入のポイント(機能障害に対して
  • 活動制限・参加制約に対して
  • 私はこうしている)
  • 3 機能障害と病態の関連性を理解する(運動機能障害が出る背景(病態運動学)を知って理学療法の方向性を考える
  • 肩のスポーツ障害)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肩関節運動機能障害 : 何を考え、どう対処するか
著作者等 大峯 三郎
嶋田 智明
立花 孝
書名ヨミ カタ カンセツ ウンドウ キノウ ショウガイ : ナニ オ カンガエ ドウ タイショスルカ
書名別名 Kata kansetsu undo kino shogai
シリーズ名 実践mook・理学療法プラクティス
出版元 文光堂
刊行年月 2009.5
ページ数 211p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8306-4366-8
NCID BA90432378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21606514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想