源氏物語  第4巻 (若菜上~夕霧)

紫式部 著 ; 大塚ひかり 全訳

准太上天皇にまで上り詰めた源氏に、さらなる縁談が持ち上がる。兄・朱雀院の娘、女三の宮。紫の上という妻を持ちながら、初恋の人藤壷の面影を求めて高貴で幼ない正妻を迎えた源氏。懊悩の中で紫の上は発病。六条院世界に生まれた「隙」に、女三の宮を密かに恋慕する柏木が忍び込む…『源氏物語』中最高傑作と言われる「若菜上」「若菜下」巻から、夕霧が柏木未亡人と結婚する「夕霧」まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 若菜上
  • 若菜下
  • 柏木
  • 横笛
  • 鈴虫
  • 夕霧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語
著作者等 大塚 ひかり
紫式部
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ
書名別名 若菜上~夕霧

Genji monogatari
シリーズ名 ちくま文庫 お39-7
巻冊次 第4巻 (若菜上~夕霧)
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.6
ページ数 620p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42484-6
NCID BA90407381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21638939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
夕霧 大塚ひかり 全, 紫式部
柏木 大塚ひかり 全, 紫式部
横笛 大塚ひかり 全, 紫式部
若菜 大塚ひかり 全, 紫式部
鈴虫 大塚ひかり 全, 紫式部
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想